【GeneXus】SDK

ExtensionとかPatternとか。

注意

当記事は初心者用のドキュメントとかではありません。
あくまで技術力のアピールと、備忘録となっております。

プライバシーポリシーにも記載していますが、全て自己責任になります。


想定環境

・GeneXus X Ev3
・Platform SDK u14
・Visual Studio 2017 Community(以下 VS2017Community)

開発環境の準備

STEP.1
GeneXus

好きなバージョンを好きなようにインストールしてください。
STEP.2
GeneXus ライセンス

お金出して買ってください。
STEP.3
Visual Studio

開発には Visual Studio(以下VS)が必要です。
GeneXusのWikiでは2005を使えって書いてますが、そんな古いバージョンインストールしたくないので最新バージョンの Community を使います。
(個人利用なら無料です。お金持ちの人は買ってあげてください)
参考 Visual Studio IDEvisualstudio.microsoft.com
STEP.4
SDKをインストール

以下のリンクから適当にバージョンを見て、インストールしましょう。
日本語版のGeneXusを使ってると、途中で警告がでると思います。日本語GeneXusはインストールパスが違うので。
参考 GeneXus X/GeneXus Platform SDKwiki.genexus.com
参考 GeneXus SDK Platform Downloadwiki.genexus.com
参考 DownloadCenter (platform sdk)genexus.com

STEP.5
環境変数の確認

Key Value
GX_SDK_DIR C:\Program Files (x86)\Artech\GeneXus\GeneXusXEv3PlatformSDK
GX_PROGRAM_DIR C:\Program Files (x86)\Artech\GeneXus\GeneXusXEv3JP

STEP.6
テンプレートをコピー

古いVSのディレクトリにテンプレが入っちゃうので、VS2017Community のディレクトリにコピー or 移動
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC#\CSharpProjects

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\VC#\CSharpProjects

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Xml\Schemas\PatternInstanceSpecification.xsd
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Xml\Schemas\PackageDeclaration.xsd
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Xml\Schemas\PatternDefinition.xsd

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Xml\Schemas

STEP.7
テストプロジェクトの作成 and 動作確認

プロジェクトの作成方法とかは以下を参照。
【GeneXus】Extension(サンプル作成)

まとめ

とりあえずSDKインストールするまでの流れをまとめました。
テストプロジェクトの作成方法とかは、別途まとめます(記事はもう書いているがキレイにしてない!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください