【Git】インストール

Visual Studio でGit使いたかったのでインストール。


PCがいろいろあって、入ってるのと入ってないのが多くて困る(× ω ×)
毎回「このプロパティなんだっけ?」って悩むので備忘録として残します。

想定環境

・Windows 7
・Git 2.18.0 64bit

ダウンロード

https://gitforwindows.org/

インストール

exe をクリックしてインストールしていきます。

ライセンスの確認


インストールフォルダの確認


コンポーネントの選択

・Additional icons
・On the Desktop
デスクトップにショートカットアイコンを作成。

・Windows Explorer integration
・Git Bash Here
・Git GUI Here
右クリックした際のコマンドを追加。

・Git LFS (Large File Support)
LFSをインストールするかどうかの設定。
とりあえず問題ないのでチェックで良いと思います。

・Associate .git* configuration files with the default text editor
*.gitファイル をデフォルトエディタで開く設定。

・Associate .sh files to be run with Bash
*.shファイル をBashで実行する設定。

・Use a TrueType font in all console windows
bash以外の全コンソールウインドウのフォントをTrueTypeのフォントに変更する設定。

・Check daily for Git for Windows updates
毎日Git for Windowsのアップデートが有るか確認する設定。


スタートメニューに追加


コミットのコメントを編集に使用するエディタを選択


環境変数 PATH の追加設定。

・Use Git Bash only
追加なし。

・Use Git from the Windows Command Prompt
C:\Program Files\Git\cmd が追加されます。

・Use Git and included Unix tools from the Windows Command Prompt
C:\Program Files\Git\cmd
C:\Program Files\Git\mingw64\bin
C:\Program Files\Git\usr\bin
が追加されます。


HTTPSを使ってフェッチ/プッシュするときの設定

OpenSSLのルート証明書を使用するか、
WindowsのSecure Channelのルート証明書を使用するか設定します。


改行の置き換え設定

・Checkout Windows-style, commit Unix-style line endings
チェックアウト:改行コード ⇒ CRLF
コミット:改行コード ⇒ LF

・Checkout as-is, commit Unix-style endings
コミット:改行コード ⇒ LF

・Checkout as-is, commit as-is
改行コードの変換なし


Gitで使用するコンソールの設定


オプションの設定

・Enable file system caching
fscacheキャッシュを使用するかどうか。

・Enable Git Credential Manager
二段階認証に対応するかどうか。

・Enable symbolic links
シンボリックリンクを使用するかどうか。
無くても問題ないです。


インストール中


インストール完了

最後に

インストールするたびにバージョンアップして設定項目が増えている気がする。。。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください