【GeneXus】Angularを使ってみた(暇つぶし)

前から使ってみたかったAngular Generator を使ってみた。

リンク

とりあえずここのページ通りにやればOK。
参考 Angular Generator requirementswiki.genexus.com

インストール&環境

node.js(nvmで)は元から入ってるから
適当にいれて、nodeとnpmが動けばOK。

一応執筆当時の最新版(16.14.0)を入れました。
↑エラー出たのでnode.js 14.19.0 でやりました。

node -v
v14.19.0

npm -v
6.14.16

Angularをグローバルにインストール

npm install -g @angular/cli

途中なんか聞かれたyで適当にOK。

GeneXusのバージョンはGX17u4、C#、SQLServer2019 環境でビルドしてみた。

KB作成

まずは適当にKBを作成。

TransactionとWebPanelを適当に作成してビルド実行。

まぁここまではいつも通り。
WebPanelとTransactionが動けばここまでは問題なし!

PanelとMenuを作成

Angular用のPanelとMenuを作成。
このへんはスマートデバイス(以下SD)を使ったことあればわかるはず。
俺は記憶の奥底から頑張って思い出した!

Panel

Menu

ちなみにPanelとかMenuを作成するとフロントエンドの設定を
Android、Apple、Angularを設定できるようになるので、SDオブジェクト作成してから
設定を変更するように!

ここまで来たらビルドする。
ビルドが成功すると、以下のパスにAngular系のJSとTSが出力されるはず。
C:\Models\【KB名】\【TargetPath】\mobile\Angular\【Menu名】
例:C:\Models\GX17U4_Angular3\CSharpModel\mobile\Angular\AppMenu

コマンドプロンプトで↑の場所に移動して以下のコマンドでnode.jsのモジュールをインストール。何インストールされるかは知らん。

npm install

WARNがいっぱい出るけどどうせGXなので気にしない。Errorが出なきゃ良い

nodeのアプリ起動するのと同じようにスタート。

npm start

正常に起動されると、勝手にブラウザが上がってきます。
ダサい画面の完成。

Work With for Smart Devices

次にTransactionにWork With for Smart Devicesを適用します。
特に何かを変更するとかは無し。

Menuオブジェクトから遷移できるようにMenuを修正。

もう1回ビルドします。

npm start したコマンドプロンプトそのまま放置してれば
GXがビルドしたJSやTSを勝手にリロードしてくれるはずなので
ブラウザで確認。

自分の環境では文字化けとかはしないでDBにデータ追加も編集もできました。

ハマったポイント

C#の場合WCFの機能を有効化しないとRESTがうまいこと動きません。
WCFは機能の有効化から「.Net Framework X.X」の中のHTTPアクティブを有効にしください。

使ってみた感想

必要性がわからん。

必要なスキル

スマートデバイスジェネレーターのオブジェクトを作成するスキルが必要(俺にはない)

まとめ

GeneXusでAngular使うくらいなら
普通にAngularでフロント開発して、GXのProcedureとか使ってAPI作ったほうがいいんじゃね?って思いました。

あくまでも個人的意見!

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください