【GeneXus】ローカルライセンスとリモートライセンス

仕事でライセンス切替してるときに知ったので記録。

プロテクションサーバーを使用してる会社も多いと思うが
GeneXusのライセンスはローカルを参照して、WWPや他のproductはプロテクションサーバーを参照したい時の設定方法。

参考リンク

参考 ローカルライセンスとリモートライセンスの同時使用方法Ignia Framework Developer

手順

ライセンスマネージャーと同じ階層に「Protect.ini」があるはず。このファイルを編集します。
※ファイルが無い場合はライセンスマネージャーを開いて、サーバーに接続とかしてみてください。

編集します。
おそらくこんな感じだと思う。(インストールしている製品によっては若干の違いがあると思います)

Protect.ini

[Settings]
ProtType=Local
ServerName=999.88.777.666
ProtUser=Test
ProtPassword=xxxXXXXxxxx9999

[Product.150.v.17]
ProtType=Network
ServerName=999.88.777.666
ProtUser=Test
ProtPassword=xxxXXXXxxxx9999

[Product.135.v.16]
ProtType=Network
ServerName=999.88.777.666
ProtUser=Test
ProtPassword=xxxXXXXxxxx9999

[Settings] の部分がベースの設定になります。下に製品ごとの設定をしますが、製品が無い場合はこの部分の設定が有効になります。
[Product.150.v.17] これは参考リンクにもあるIgniaです。
[Product.135.v.16] これはWorkWithPlusの設定です。

ProtType=Local or ProtType=Network この部分がネットワークとローカルを切替ている部分になります。
なので製品ごとに設定したい場合はこの部分を編集しましょう。

ちなみに設定を変更してもライセンスマネージャーは
[Settings] の部分のライセンスしか表示されないので、注意が必要です。

個別にライセンスで設定できればいいんだけどなー

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください