【AWS】EC2にJava、Tomcat

JavaとTomcatをインストール

Tomcat環境も欲しいので前の記事で作った環境にいれます。

前の記事はこちら
【AWS】EC2構築

Java

まずは入っているか確認。
バージョンが表示されなければ、入ってないです。

バージョン確認

java -version

インストールします。

インストール

sudo apt install openjdk-8-jre

再度バージョンを確認します。

バージョン確認

java -version
openjdk version "1.8.0_191"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_191-8u191-b12-2ubuntu0.18.04.1-b12)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.191-b12, mixed mode)

インストールされた場所を調べる

場所検索

/usr/sbin/update-java-alternatives -l
java-1.8.0-openjdk-amd64       1081       /usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-amd64

環境変数に追加

環境変数

export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-amd64
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin

Tomcat

Tomcatをインストールします。

実行するユーザーの作成

ユーザー作成

sudo useradd -M tomcat

ファイルのダウンロード

ダウンロード

cd ~
curl -O http://ftp.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist/tomcat/tomcat-9/v9.0.16/bin/apache-tomcat-9.0.16.tar.gz

解凍と移動

解凍と移動

tar -xzvf ~/apache-tomcat-9.0.16.tar.gz
sudo mv ~/apache-tomcat-9.0.16 /opt
sudo chown -R tomcat:tomcat /opt/apache-tomcat-9.0.16

サービスの登録

サービス登録

sudo vi /etc/systemd/system/tomcat.service

[Unit]
Description=Apache Tomcat 9
After=network.target

[Service]
User=tomcat
Group=tomcat
Type=oneshot
PIDFile=/opt/apache-tomcat-9.0.16/tomcat.pid
RemainAfterExit=yes

ExecStart=/opt/apache-tomcat-9.0.16/bin/startup.sh
ExecStop=/opt/apache-tomcat-9.0.16/bin/shutdown.sh
ExecReStart=/opt/apache-tomcat-9.0.16/bin/shutdown.sh;/opt/apache-tomcat-9.0.16/bin/startup.sh

[Install]
WantedBy=multi-user.target

定義したファイルの権限を変更

権限変更

sudo chmod 755 /etc/systemd/system/tomcat.service

サービスを有効にする

有効化

sudo systemctl enable tomcat
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/tomcat.service → /etc/systemd/system/tomcat.service.

起動

Tomcat 起動

sudo systemctl start tomcat

停止

Tomcat 停止

sudo systemctl stop tomcat

EC2のポート許可

AWSのセキュリティで8080ポートを許可するようにします。

ブラウザで確認

ブラウザで目的のアドレス:8080を入力して以下の画面が出れば成功です。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください