【GXユーザー会 2021】先端技術1.5回、1.6回

今回はライセンスもレンタルできたので、手を動かす作業中心でした。

場所

参加者の家

参加者

2人

日時

10/20 17時~21時半

内容

・AWSのEC2構築。
・ローカルJenkinsのセットアップ

AWSにWindowsサーバーを構築して、IISとPostgresSQLを入れる。
普通にWindowsの初期のセットアップと変わらないのでここは簡単。

ローカルPCにJenkinsのセットアップ。こっちは時間かかった。

最終的には以下の動きを再現できたのでヨシとしよう!
GXServerから更新

GeneXusビルド

Zip or War 作成

サーバーに転送して展開


GeneXus と Jenkins をセットアップする猫

躓いた点

・実行ユーザーをローカルアカウントのユーザーに変更できない。
⇒ アカウントを入力するときにPC名も混みで入れる必要があった。
(ダイアログから選んでるんだからいい感じにしろや)

・Javaが入ってなかった。
⇒ JenkinsはJava11サポートしてるから11入れたらまさかのGeneXusプラグインがJava11でエラー
⇒ Java8を入れ直し(ファ○ク

・KBの準備
Sandbox使おうとしたら、まさかのGeneXusAccountが無い!!!

・オートデプロイ
SSHとSCP をコマンドベースでパスワード入力無しでログインするのに手間取った。
ちゃんとキーペアで認証させました。


Jenkins で問題ばっかで不服の猫

まとめ

1回設定するとJenkinsは楽でいい。まぁ仕事で何回もセットアップ&設定してるから見飽きてるけどな。
毎回何かしら問題が起きる。

Pipelineで作ろうか悩んだけど、Pipelineにすると標準のブラグインが文字化けする。
(本当はGeneXusプラグインから呼んだ、MSBuildのコンソール出力が文字化けしてるんだけど)

オプションとか渡せると一番いいんだろうけど、なんかうまくいかない。
直接MSBuild呼び出してもいいけど、それだとJenkinsに履歴が残らない。←いらないじゃんとかいうツッコミはいらない。

次回はGxTestや通知を動かすところまでいけると嬉しい。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください