Envdte.dll が無い

新しい環境にて

新しい環境でVisual Studio 2019 Community(以下VS)をインストールして
いろいろSDKとかインストールして
さぁ新しいソリューション(プロジェクト)作成してやるかと思ったら

これですよ。。。

前の環境では動いてたので、明らかに新しい環境の問題。

まぁ古いVSを使えば動くことはわかってるんですけどねw

一応確認

あまり詳しく書くとライセンス違反とか言われるのでざっくり書く。

問題のDLL(Gene〇usPackageBuilder.dll)をILSpyで覗くと
EnvDTEの部分がErrorって出てる。

原因

新しいVSだとEnvDTEが入らないみたい。
GeneXus16もインストールしたけど入らなかった(# ゚Д゚)

解決方法

ネットで検索してEnvDTE.dllをダウンロードしてくる。
リンクは知らん。勝手にググってくれ。それか他のPCを探して奪ってくれ。

バージョンは8系がいいような気がするよ!

で、DownloadしてきたDLLを、問題のDLLと同じ場所にドーンとコピーするだけ!!!!
↑これだとダメっぽい。

以下は私の環境で修正した方法なので、同じ方法で直るかわかりません。

ダウンロードしたDLLを Windows/System32 にコピー。

GAC(グローバルアッセンブリキャッシュ)にDLLを登録。
VSのDeveloper Command Promptを管理者として起動し以下のコマンドを実行。

gacutil -i envdte.dll

これでどこでも使えるようになるけど、問題のSDKはもう1個手順が必要。

VSのDeveloper Command Promptを管理者として起動し
問題のSDKのディレクトリに移動。以下のコマンドを実行。

regasm GeneXusPackageBuilder.dll /codebase

Errorが出なければ、VSで正しくソリューションを作成できるはず。

マジで意味不明なErrorとかやめてほしい(# ゚Д゚)

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください