【Java】開発環境系

とりあえず備忘録。

環境

Mac

Javaのインストール

brew cask install java8

※途中でパスワード求められるかも

Javaのバージョン確認

java -version

JAVA HOMEの確認

/usr/libexec/java_home -V

IntelliJ

https://www.jetbrains.com/idea/からダウンロード。
無料版のCommunityを選択。

ダウンロードしたdmgをいつも通りインストール。

あとは起動するだけ。

初回起動時はいろいろ確認があります。
※画面いっぱいあって画像撮り忘れた。

参考にしたページ
参考 無料で使えるIntelliJをMacにインストールするフリーランス チャレンジ!!

あとは以下の画面が出れば成功。

HelloWorld

新しいプロジェクトを作成。

そのままNextをクリック。

テンプレートがあるっぽいからテンプレートを使用します。

名前と場所を適当に決めて、作成完了。

実行のショートカットは”Ctrl + R”です。
それか右上の実行?ボタンを押します。

Hello Worldって出れば成功です。

実行可能なJARの作成

ツールバーの File から Project Structureをクリック。

Artifactsから、[+]を押してJAR > From modules with dependencies…をクリック。

Mainクラスを選択して、OKボタンをクリック。

とりあえずこの画面まで来たらOKボタンをクリック。

ツールバーの Build から Build Artifacts…をクリック。

画面中央に小さい選択肢が出るのBildを選択。

プロジェクトのディレクトリ/out/artifacts/HelloWorld_jar/HelloWorld.jar
が作成されているので好きに利用してください。

普通に実行する場合は以下のような感じで。

java -jar HelloWorld.jar

まとめ

もう少し苦戦するかと思ったがそんなこともなかった。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください