【GeneXus】Extension(小機能)

Extension作るときのちょっとしたことをメモ。

GeneXus ログ

GeneXus のメニューから
ツール > オプション > トレース
GeneXus のシステムログをONにします。パスは画面に出ているのでそこにログファイルが出ると思います。

出力に文字出力

GeneXus上の出力に文字列を出力します。

using Artech.Architecture.Common.Services;

~~ 省略 ~~
public bool ExTestCommand(CommandData data)
{
    bool result = true;
    
    CommonServices.Output.AddLine("Hello world");

    return result;
}


こんな記述もできます。1個のクラスにまとめておくとExtension内で出力の出し方を統一できますね!
EndSection の第2引数はTrueで成功。Falseで失敗となります。

using Artech.Architecture.Common.Services;

~~ 省略 ~~
public bool ExTestCommand(CommandData data)
{
    bool result = true;
    
    // アウトプットを取得
    IOutputService output = CommonServices.Output;
    // 初期化
    output.Clear();
    // セクションを開始
    output.StartSection("Output Test");
    // 出力
    output.AddLine("Test Message001");
    output.AddLine("Test Message002");
    output.AddLine("Test Message003");
    // セクションを終了
    output.EndSection("Output Test", true);

    return result;
}

続きを読むためにパスワードを入力してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください